井蛙考

井蛙考

軍事戦略、用兵思想、戦史を考察するブログ

【本の紹介】パラドキシカルロジックを暴く エドワード・ルトワック著「戦略論」

エドワード・ルトワックの戦略論」の紹介

  戦略的苦境の本質は、常に存在する敵の反応である。」

                   エドワード・N・ルトワック―

エドワード・ルトワックの戦略論 戦争と平和の論理 [ エドワード・N.ルットワーク ]

価格:2,808円
(2018/10/1 19:59時点)
感想(1件)

概 要

 本書は「Strategy: The Logic of War and Peace」の全訳である。

Strategy: The Logic of War and Peace, Revised and Enlarged Edition

Strategy: The Logic of War and Peace, Revised and Enlarged Edition

 

  本書においてルトワックは、戦略の世界では、日常生活の常識的論理ではなく、戦略自体の特別な論理によって支配されていると述べ、戦略の「逆説的論理」について解明している。

  内容は難解であるが、主張はシンプルであり、何回も読み返すことで多くの示唆を得ることが出来る。

 

著者について

 エドワード・ルトワックは戦略研究の第一人者であり各国政府や民間企業のコンサルタントとして活躍している。

 経歴・思想等は「大戦略の哲人たち」に詳しい。

大戦略の哲人たち

大戦略の哲人たち

 

  著書は数多くあり、何冊かは翻訳されている。

日本4.0 国家戦略の新しいリアル (文春新書)

日本4.0 国家戦略の新しいリアル (文春新書)

 
ルトワックの“クーデター入門

ルトワックの“クーデター入門"

 
戦争にチャンスを与えよ (文春新書)

戦争にチャンスを与えよ (文春新書)

 
*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/41LJxEaix4L._SL160_.jpg" alt="中国4.0 暴発する中華帝国 *2" />

中国4.0 暴発する中華帝国 *3

 
自滅する中国

自滅する中国

 
ターボ資本主義―市場経済の光と闇

ターボ資本主義―市場経済の光と闇

 
アメリカンドリームの終焉―世界経済戦争の新戦略

アメリカンドリームの終焉―世界経済戦争の新戦略

 
ペンタゴン―知られざる巨大機構の実体
 

 

本の目次

第一部 戦略の論理

 第一章 戦争における逆説の意識的活用

 第二章 行動の論理

 第三章 効率性と成功の極限点

 第四章 反対の一致


第二部 戦略のレベル

 第五章 技術レベル

 第六章 戦術レベル

 第七章 作戦レベル

 第八章 戦域戦略ーその一・軍事作戦と政治的選択

 第九章 戦域戦略ーその二・攻撃と防御

 第十章 戦域戦略—その三・阻止攻撃と奇襲攻撃

 第十一章 非戦略—海軍、空軍、核戦力

 第十二章 戦略的エア・パワーのルネサンス


第三部 最終結果—大戦略

 第十三章 大戦略の射程

 第十四章 武力による誘導

 第十五章 戦争における調和と不調和

 第十六章 戦略は有用か

 

要 旨

 この本の目的はあらゆる形態の戦争や、平時における諸国家の対立関係を条件づける普遍的な論理を明らかにすることにある。

 戦略の全領域は逆説的論理に満ちている

 「第一部 戦略の論理」では、ルトワックの本著での命題の一つである「戦略の全領域は逆説的論理に満ちている」ことを様々な例を挙げて説明している。

 ここでいう全領域とは、戦略における技術・戦術・作戦・戦域戦略・大戦略の5つのレベルのことを示している。 

 「逆説的論理」とは、「日常と異なる戦略の次元では、逆説的論理によって直截的な論理的行動を妨害したり、皮肉な結果を生んだり、致命的打撃さえ与える結果を生む一方で、逆説的行為に報いる傾向が現れてくる」ことをいう。逆説的論理を生み出す重要な要素の一つが「」の存在である。

 また、「時間」の概念を導入し動的視点から考察すると、戦況の進展や環境の変化によって勝軍と敗軍の行動は反転する傾向があると指摘する。(逆転、反対の一致、勝利の極限点、作用と反作用)

 戦略の論理における2つの側面

 「第二部 戦略のレベル」では、各レベルにおける水平的側面について考察をし、もう一つの命題である戦略の論理には2つの側面が作用している」(垂直的側面と水平的側面)ことを解き明かしている。

 また、戦略と戦術の中間としての「作戦レベル」の視点を具体的に描いており、イメージアップしやすいものとなっている。

 2つの側面が収斂する大戦略

 「第三部 最終結果ー大戦略」では、この2つの側面が収斂する大戦略の次元における逆説的論理を描いている。これまでの技術レベル~戦域戦略レベルでの軍事的勝利(垂直的側面)も、大戦略のレベルでの外交、経済活動などの水平的側面の影響により、無効化されたり、逆に敗北を招く可能性があるとしている。

 

更に興味を持った方は

真説 - 孫子 (単行本)

真説 - 孫子 (単行本)

 

「逆説的論理」は、中国古代思想の陰陽論的視点と極めて似ている

世界を変えたいなら一度

世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう

 

 戦略の階層を人生に置き換えて考察している

現代の戦略

現代の戦略

 

 戦略を更に学びたい人向け

 

  「戦略の論理は、人が実行した結果や実行しなかった結果に明白に表れる。多くの意図せざる「結果」を検討することによって、論理の性質や働きを最もよく理解できる。」

                   エドワード・N・ルトワック―

 

エドワード・ルトワックの戦略論 戦争と平和の論理 [ エドワード・N.ルットワーク ]

価格:2,808円
(2018/10/1 19:59時点)
感想(1件)

 

*1:文春新書

*2:文春新書

*3:文春新書